防犯カメラのワイヤレスタイプ利用の注意ポイント

婦人

監視の役割

家と鍵

監視カメラは、その目的に従い、目立たずひっそりと映像を撮ることができます。犯罪やトラブルの察知、証拠集めにも使えますし、家族や、家の状態、飼い主不在時のペットの状態をチェックすることもできます。

もっと読む

常時チェックできる

PC

ネットワークカメラのメリットは、どこからでもインターネット回線からリアルタイムで映像チェックができることです。離れて暮らす高齢の家族、不在時の家や子どもの状態チェックなどで異変を把握することも可能です。

もっと読む

未然に防ぐ効果

防犯カメラ

防犯カメラの役割は、犯罪の牽制です。ドアや窓にダミーでも防犯カメラがあると空き巣や強盗は、リスクを回避するためにターゲットからその家を外します。そのターゲットから外されることで防犯が成功します。

もっと読む

無線タイプを使うには

セキュリティカメラ

ワイヤレスの防犯カメラは、配線が取り付けできない場所でも利用できるといったメリットがあります。玄関先、庭、窓など配線が難しい場所に設置したい場合においてワイヤレス防犯カメラを利用するのも良いでしょう。また、防犯カメラのケーブルで家の美観を損ねたくないという人にも、よく利用されます。ワイヤレス防犯カメラを利用するなら、こうした、配線の問題や美観の問題を解消することが可能です。しかし、ワイヤレスの防犯カメラを利用する場合は弱点も把握しておくことが重要です。ワイヤレスのため、無線電波で映像を送信しますが、その距離は大体100m前後です。あまり離れた場所からは確認ができません。例えば、窓や玄関に仕掛け、家の中で映像を受信するのであれば問題ないでしょう。外や外出先からチェックするというのは難しいかもしれません。次に重要なポイントとしては、ワイヤレス防犯カメラを購入する際に、その製品に技適マークがついているかチェックが必要なことです。技適マークは、日本の法律において無線電波の基準認証を受けているかどうかを証明します。これがない海外製品のワイヤレス防犯カメラを利用していると、罪に問われる恐れがあります。購入の際には、日本国内での使用に問題ないものなのか確認して購入するようにしましょう。無用なトラブルに巻き込まれないためにも、国内の防犯カメラメーカーから出ている製品や、販売サイトをチェックして買いましょう。